光かりの服 の記録

      

    光野 ルミ子

  •      宇フォーラム美術館 館 長 平 松 朝 彦

     光野さんの展覧会のフライヤーを見たときある懸念を覚えた。衣装展とあったからだ。直前に紹介された読売新聞の記事でも忌野清志郎の衣装デザイナーとしての扱い。
     しかし実際の展示と行われた二つのショーは、衣装展どころかそれをはるかに超えた創造の世界であった。そしてそれは彼女の単なる世界観だけではなく、彼女の多くのフレンズとともになしえた驚きのパフォーマンスだった。
     まず、オープニングパーティーの「妖精たちの森」だが会場に運び込まれた植栽は半端ではなかった。美術館の入口のドアを開けると、のれんのように頭上から蔦が垂れている。聞けばジャスミンさんの自宅の蔦をすべてとって運んだという。
     さらに受付周りにも野性的な緑。妖精たちの森だ。地球の緑は万物の命の象徴。会場の床には苔の円形スポットが数か所配置され森を歩いているよう。
     奥の室内には前回ギリシャ神殿に使われた高さ3mのスチールフレームにも蔦が。壁にはカラフルな様々のコスチュームが展示されている。
     彼女の服は普通の服ではなく、あえていえば舞台衣装。しかし普通の人が着れば主役に変身できる魔法の服。さらにどう着るの? という声が。
    オ ープニングパーティーではこれらをまとった人々のファッションショー。しかしそれはダンスそして音、光の演出は専門家によるもので、光、音楽、語り、それぞれが一体となったイベントである。それは光野さんの彼女の空想の舞台にたつまさに役者、アクターとなることなのだ。
     最終日のクロージングパーティーはカナダの作家でありデザイナーのDella Burfordの「マジカルレインボー」にもとずく創作劇。
     彼女の説明文は次の通り
     「昔あるところに虹の翼と呼ばれる不思議な子供がいました。鷲の頭と人間の足をした虹色に輝くつばさを持つ魔法を使える子供でした。ある時汚れた水を飲んでしまった虹の翼がそれまで持っていた素晴らしい と魔法の力を失ってしまうところから物語は始まる。世界がひっくりかえっちゃったみたいに衝撃をうけた蝶の翼が再び勇気をふるいたたせ賢者の千絵のもと四つの方向へ旅をし自然の神様たちに会うごとに地球の秘密の言葉を授かり藍と平和のため地球の再生のために生きる覚悟をしてゆく物語。今この星に生きるすべての人々のL0ve Song! すべての命はつながっている。」(By Ruu Ruu)
     ネット情報によるとカナダ生まれであり、彼女の神聖空想家アートとは、夢、インド、古代ケルト知識、シャーマニズムによるものだという。
     この劇は彼女の絵本「The magical earth secrets」の翻訳をした浅葉和子さんの依頼のもとルウさんが舞台化した二作目のオペラだという。
     今回、フライヤーのような衣装展ではなくオペラとは音楽と演劇による舞台劇。音楽は録音済みであるが花ヲさんによるもの。しばし彼と音楽談義。「ひかりあそび」なる舞台照明のスタッフ、その他多くのプロが関わったイベント。こんなイベントがライブで見られるのはニューヨークかベルリン位だろう。
     そして最後は彼女の独特の世界観。真理・覚醒というスピリチュアルな領域。衣装つくり、それは地味な針と糸だけのニードルワークだが衣装は命を吹き込まれる。それはまさにアートという魔法といえるのかもしれない。
      
  •    
  •          光 野 ル ミ コ 展

     光野ルミコ展が始まった。
     会場の室内は玄関から緑の蔦で覆われ、植物はナディアさんと斎藤さんがデザインされ床には苔も配置され室内なのか外なのかもわからない。
     蔦の垂れた吹き抜けを上がると二階の会場は原色のコスチュームであふれている。
     忌野清志郎の服のデザインをしていた光野さんのオリジナルな服や帽子は艶やかでかつデリケート。
     奥の部屋はマネキンを中心になにやら怪しげな雰囲気。金曜日の夜はオープニングパーティーではあったがいわゆるギャラリーのパーティーではない。
     前回のRyncoのイベント「神の息吹き」にも似た劇仕立ての「妖精たちの森」は、照明、音響など専門家が集結してできた本格的イベント。音楽は光野さんの息子さんが作られたナレーションとともに重低音が会場に響く。
     出演された8人ぐらいのコスプレーヤーたちは光野さんの衣装を身にまとい踊る。
    前回出演したAliceさんや、おなじみのそらまめさんも病気上がりの身で出演。
     様々の実力者が協力して生まれたニューヨークやベルリンの一部で行われているライブハウスと同じ盛り上がり(たぶん)。
     最終日20日にはクロージングパーティー「マジカル・レインボー」(16:30スタート。予約不要、参加費1,500円)がある。
     国立が再びニューヨーク、ベルリンに変身する日になることはまちがいない。
      
  •    
  •   

  • 2018 / 5月11日(金)~5月20日(日)